201807」カテゴリーアーカイブ

教育現場からの情報発信にも力を注ぎます。

昨日、7月27日(金)13時から16時30分までの那覇市天久小学校5年1組で開催されたLGBTQ当事者6人による研修会の会場です。子供たちの勉強机に席を占めて熱心に聞き入る先生方の雰囲気がお分かりいただけると思います。別項で仲村司氏の報告が掲載されていますので参照ください。私も講師の一人でしたが、86歳の同性愛者が自分史を語るとなれば、少年時代は第二次大戦真っ最中だったので、戦時体制の中で体験した「性の萌芽」になります。先生方にしてみれば、いきなり生まれる以前の時代にタイムスリップするのですから、ビックリしたことでしょう。先生の一人が「私の担任したクラスにもLGBTQの生徒がいた。この子らの将来はどうなるのか、と心配だったが本日の講習で安心いたしました」と、涙ながらに感想をもらしました。さて、日増しにLGBTQ応援マガジン創刊号『空とぶ船』が具体化しています。本日の研修会のような教育現場からの情報発信にも力を注ぎます。ご期待ください。 

2018/07/27

構想も煮詰まってきました。

まもなく8月、旧盆近くになると近所の中学の体育館でエイサーを稽古する太鼓が響いてきます。稽古に行く少年がエイサのタスキをかけた格好で家の裏口から出てきたのを目撃したことがあります。まるで恋人に会いに行くような姿でした。そんな青春時代もあったなあ、と回想にふけること、しばしでした。さて、LGBTQ応援マガジン創刊号『空とぶ船』の構想も煮詰まってきました。オランダのプライドの写真&レポートが掲載される予定です。ご期待ください。 

2018/07/27

美しい観光シーンを発信できたら

昨日の14時10分、自宅より5分の場所で撮影した空の雲。暑い日差しが私の全身を襲い、熱中症の初期症状を感じました。ここ(海抜30メートル)から10分ばかり下降し郵便局にたどり着くと冷房完備のオフィスで生きかえりました。さて、毎回お知らせしておりますLGBTQ応援マガジン創刊号『空とぶ船』の表紙は沖縄県国頭群恩納村の海の見えるロケーションをデザインしたものにしたいと思います。美しい観光シーンを発信できたら、と考えています。ご期待ください。 

2018/07/26

『ピンクドット沖縄2018』特集します。

7月23日(月)15時より16時30分まで、那覇市国際通りのパームロイヤル那覇ホテルにて開催された『ピンクドット沖縄2018』の記者会見に出席した共同代表および大使の面々です。皆さんがピンクの服装なのに、前列左から2人めの私だけが異なる色彩の服装で浮き上がっています。腕にピンクのゴム輪をつけていますが見えないようです。本年は9月16日(日)に国際通りのテンプス広場で開催されます。「全ての人にとって居心地の良い社会になあるように」というメッセージ性の濃いイベントとなります。詳細はLGBTQ応援マガジン『空とぶ船』で特集します。ご期待ください。 

2018/07/25

海の家「カラフルカフェ」

神奈川県葉山一色海岸に営業中の海の家「カラフルカフェ」を7月14日(土)に訪問してボランティアで働いている若者たちや、海水浴場の風景を取材してきました。面白いエピソードもありました。詳細はLGBTQ応援マガジン『空とぶ船』創刊号に発表します。ご期待ください。 

2018/07/24